ブログネタ
公立高校 に参加中!

神奈川県立 高校入試選抜受験生の皆さん、

科目試験、受験、お疲れ様です。

大変な試験でしたね。一喜一憂。。。多くのお子さんたちが、
自分は、無理だ。落ちた・・・。と嘆いているのではないでしょうか。
自暴自棄になって、明日明後日の面接に悪い方に影響しないといいですが。

スタディテラスでは、現段階(H26.2.16現在)、入試内容の精査、解説は行いません。

面接について精一杯、スタディテラスから高校受験、面接を残している皆さんに、エールを送ります。

みなさんがこの先幾度となく経験するであろう、面接について、
今回、初めてといってもいい、人生における、真正面からぶち当たった、真剣勝負の
『面接』を、
我が物にし、緊張や弱い自分に負けず打ち勝つ方法をお伝えします。


面接、自分に打ち勝つ方法その1

何よりも、第一声が大切です。
自分に勝つためには、大きな声、特に言葉の頭、語尾ではなく『語頭』が大切です。
もごもご小さな声になりがちなので、とにかく、語頭、大切な単語にインパクトをつけて、
しっかり、はっきり言葉を伝えてください。
これは先の人生、幾度となく訪れる面接の機会に必要不可欠な、言葉を発する基礎力です。


面接、自分に打ち勝つ方法その2

面接官の目を見て話す。決して目を泳がせない、宙を見ない。
宙を見て話すと。。。結局緊張が倍増します。印象もよくありません。
でも緊張するんですよね。とっても無理なんです。
・・・なので、打開策をお伝えします。
あえてひとりの人に語りかけてみてください。
落ち着いて、自分の発する言葉の一つ一つ、意味が、きちんと伝わるはずです。
余裕が出来たら、となりの面接官の目を見てください。
最後には、全員の顔、特徴、性格を把握するくらい、逆に相手を面接するような
余裕を持つでしょう。
面接って、結局そんなもの。
経験、慣れなんです。だから、人生に初めてこんな勝負をしなければならない皆さんは、
逆手にとるしかないのです。面接されると同時に、冷静に物事、人々を観察して
帰ろうと。
有意義な時間を紡いでください。
きっと面接1回の機会から、次につながる何かを得ると思います。

面接、自分に打ち勝つ方法その3

言葉に詰まったり、質問の内容を忘れてしまったり、
失敗したと感じたら、
素直に、笑顔で、言ってください。
『すみません、質問の内容ををもう一度教えてください』
そう言ってください。

ハプニングはいくらでもありえます。
緊張のあまり、頭が真っ白になって、言葉が出なくなることも大いにあります。
そんな時、固まらずに、素直にそそうをした自分を表現してください。
笑顔はその場を救います。
素直な自分を表すこと、質問をすることはマイナスになることはくても、相手にプラスの印象を与えることのほうが、
大いにありえます。
ミスをしても、それを逆転する可能性すらも自分の中にありえる、ということです。

自分の緊張に飲まれず、最高のパフォーマンスの機会をもらったと思って、
有意義な時間を過ごしてください。

Good Luck!!